無料ブログはココログ

« ええ話や~(泣) | トップページ | 実名報道の是非。 »

2006年6月16日 (金)

竹山でないカンニング問題。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <高3自殺>カンニング疑われ…母親が埼玉県を賠償提訴.

以下、上記リンクから@@@

訴状によると、生徒は04年5月26日、中間試験の物理のテスト中、日本史のメモを見ていたため試験監督の教諭にカンニングを疑われて注意された。その後、生徒は教諭5人から約2時間にわたって「なぜ物理の試験中に日本史のまとめを読む必要があるのか」などと問い詰められた。
 生徒はカンニングを否定し、下校。同日夕、母親の携帯電話に「迷惑をかけてごめんね」とメールを送った後、飛び降り自殺を図って死亡した。
 母親は05年11月、県教育局に「長時間にわたる多人数での取り調べは不適切」と学校側の責任について回答を求める文書を送ったが、県は12月に「事故原因は不明。学校側に過失は認められず、賠償の責任はない」と回答した。記者会見した母親は「県の回答は意外で失望した。同じようなことが二度と起きないようにしたい」と提訴の理由を説明した。

引用ここまで@@@

物理の試験中に、日本史のプリントをこっそり見るのは、

「カンニング」にあたらないのか?

私は、

試験中は試験を受ける以外の行為はすべて「カンニング」だと認識しています。

(「居眠り」は微妙ですが。)

だから、鉛筆を落としたときも、試験監督を呼んで拾ってもらうのが原則です。

生徒が試験中に注意を受け、試験後「『なぜ物理の試験中に日本史のまとめを読む必要があるのか』などと問い詰められ」るのは仕方がありません。

それを苦に生徒が自殺を図ったから、学校の(そして学校を管理する所管庁の)責任である、

と短絡的に捉えるべきではありません。

ただし、今回のケースでは、考えるべきことがいくつかあります。

①試験後の「指導」に5人の教諭を必要としたのか?

→厳しく指導することはよいと思いますが、基本的に一人の先生でやればよいのでは?

②例えば、試験時間内にテストを終了した生徒への対応を、柔軟に考えてもよいのではないか?

→例えば、途中退出を認めるとか、あらかじめ試験終了前でも答案を提出してよいとか。

それでも、賠償を必要とするほどの過失を学校は冒したのでしょうか?

信号を無視して交通事故を起こしておきながら、信号を設置した役所に責任をとらせているような気がするのは私だけ??

どうも釈然としません。

« ええ話や~(泣) | トップページ | 実名報道の是非。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ええ話や~(泣) | トップページ | 実名報道の是非。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31