無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月26日 (木)

「学校だけに責任押しつけておしまい?」

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <履修不足>「前から疑問だった」受験控え不信、憤り.

高校の「必修とばし」が問題になっています。

福井の件が明らかになった直後から,ネット上で,

「私も」「オレも」といった書き込みが結構みられましたね。

高校当局の姑息なやり方はあきれかえるばかりで,

非難されるのは当然ですが,

該当する学校の先生だけに責任を押しつけてはいけません

「学校の授業は受験に関係する科目だけでよい」

と学校に申し入れた保護者や生徒。

学校からの報告を鵜呑みにして,

現場を見に行かない教育委員会

そして何より,必修科目が入試科目になってない入試制度。

これらの分まで,学校が責任を背負い込むことはありますまい。

安倍政権は,教育改革を推進する,ということですが,

是非,ものごとの本質をみて,改革に手をつけてほしいです。

「センター入試を卒業資格試験にかえる。」

「20人学級を実現する。」

「学校の教員に『正当防衛』『緊急避難』の実力行使を認める。」

場合によっては,

「6・3・3・4制を見直す。」

このあたりに切り込んでほしいです。

教育基本法の改定と学習指導要領の改訂,

ボランティアの義務化,「公立塾」の設置,

改革への意欲は是としますが,

果たして今の問題を改善するのに役に立つか?

少し疑問です……。

ちなみに,私の出身高校では。

私の学校も,進学校として知られた学校ではありますが,

割と全部勉強させようという雰囲気がありました。

高校1年では,現代社会(政治経済中心)・倫理・日本史・世界史,生物・地学が必修。

高校2年は,社会は日本史・世界史・地理・倫理政経から,2科目選択必修

(私は日本史・世界史の「ダブ歴」でした)。

当時はまだ,世界史は必修ではありませんでした。

理科は,物理・化学(必修!!!)

物理は4回のテストすべてが警告点だったと思います。

レポートを書いて,なんとかとおしてもらいました。

高3で,ようやく理科が1科目選択必修。化学をとりました。

(地学にしておけばよかった……。)

ちなみに,文系の時間割です。

理科4教科は,「理科Ⅰ」の教科書と合わせて配布され,

それぞれの科目で,該当部分をすることになっていました。

つまり「物理」なら「理科Ⅰ」の物理分野と,「物理」の教科書を2冊使って,

勉強した,ということです。

「現代社会」も,倫理分野は,「現代社会」+「倫理」の2冊の教科書を使う,

という体裁です。

ややこしいですが,要するに,

「理科Ⅰ」「現代社会」のような科目は,はじめからそれぞれの専門科目に分かれて

一定期間は勉強させられた,ということ。

ついでに言うと,「国語Ⅰ」「国語Ⅱ」も「古文・漢文・現代文」にはじめから分けられていましたが,こちらは,はじめから教科書はほとんど使っていませんでした。

数学は「数学Ⅰ」は中3の段階ですでに終了。

高1の時は「代数幾何」と「基礎解析」,高2の時は「微分積分」と「確率統計」を,

これまた一通りやらされていました。

ですから,教科書は全部揃っています。

これにプラスして,高3の時は「宗教」と「社会科特講」というのがありました。

教育課程の組み方は特殊でしたが,

普通科で当時あった科目のほとんどは履修したんじゃないか???

という勢いでした。

我が母校は私立の男子校ですが,私の卒業後,家庭科が必修になりました。

今でも家庭科を律儀にやっているはずです。

いわゆる「総合的な学習の時間」も,土曜日に組み入れてやっているそうです。

とはいえ,本来の「総合学習」と趣は異なっているようですが。

文部科学省の学習指導要領で,守っていないのは

学校5日制くらいではないでしょうか。

(いわゆる教科の学習は土曜日に入れないそうですが,LHRをしたり,

団体鑑賞をしたり,で,月3日は登校するそうです。

それくらい律儀になって,文部科学省の言うことを守ろうとしている,

私立の進学校もある,ということを,これらの学校は是非知っておいてもらいたいものです。

六年一貫校だったからできた部分もありますけどね。

2006年10月21日 (土)

嬉しいような,そうでもないような……。

プレジデント・ファミリー12月号の記事,

「東大・京大に入りやすい都道府県ランキング」

で,1位が我が地元奈良県であると発表されていました。

奈良県民は改革に柔軟で,

豊かで災害の少ない地の利を活かして,

豊かさを子どもの教育など,将来につながるものに振り向ける県民性があるからだ,

と,その記事にはありました。

その是非についてはよくわかりませんが,

「地の利」ということで言えば,一言つけ加えたいことがあります。

それは,

大阪にも京都にも近くて行きやすく

かつ,

奈良県に男子が進学できる総合国立大学がない

ということです。

47都道府県には,必ず一つ以上,国立大学が設置されています。

大阪には大阪大学があり,京都には京都大学がある。

いずれも,旧帝国大学の流れをくむ名門大学です。

ところが,奈良には「奈良女子大学」という国立大学があるが,

これは名前の通り,女性しか通えない大学なのです。

(国立で,女子しか通えない大学は,他に「お茶の水女子大」があるのみである。

また,「奈良大学」という大学はあるが,これは国立大学ではない。)

だから,よその県なら,その県の国立大学(例えば徳島県なら「徳島大学」)

へ進学しようという男子が,必然的に県外へ流出しなければならないのです。

また,鉄道も充実しています。

大阪へ出るのに近鉄3本,JR1本,京都へ出るにも近鉄1本,JR1本。

通学に時間はかかりますが,京大・阪大は十分通学圏ですから,

本来なら地元の国立大学でも目指そうとするトップ層の男子が,

京大・阪大を目指すことになるのです。

教育に力が入るというものではないですか。

あまり,喜べるようなことではないような気がするのは,私だけ???

2006年10月 6日 (金)

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <靖国神社遊就館>米が批判の記述修正 アジア関連は変えず

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <靖国神社遊就館>米が批判の記述修正 アジア関連は変えず.

アメリカの批判には応えるが,アジアの批判には応えない,

ということか?

「遊就館」が歴史事実をどのように分析するか,

それは「遊就館」の自由です。

学術的検証を経て,記述を修正したのなら理解するが,

このニュース記事では,アメリカの圧力に単に屈しただけ

という印象を受けます。

これまで,靖国神社参拝の是非や「遊就館」の展示内容について,

外国がとやかく言うことを「内政干渉」と主張してきた人は,

どう対処するのでしょうか。

ある意味,靖国神社を外国から守る論陣を張ってきた,言わば味方の人たちを,

背後から闇討ちする行動のように思えます。

逆に「遊就館」の展示内容に批判的な人は,

「やはり『遊就館』の展示は,歴史事実をねじ曲げて

戦争賛美をするためのものだ」

という主張をさらに強めるでしょう。

「遊就館」の展示内容の是非はともかくとしても,

「展示した内容って,こんなに簡単に変えられる程度のものだったのか」

というのは,少し衝撃的だ。

だって,そんな内容をめぐって,

「日本がハチの巣をつついたような騒ぎになった」

ということなのですからね。

これまで何のために議論されてきたのやら。

2006年10月 3日 (火)

Yahoo!スポーツ - ニュース - <ハルウララ>競走馬登録を抹消される 高知競馬

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - <ハルウララ>競走馬登録を抹消される 高知競馬.

ついに一勝もできないままでしたね……。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31