無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年1月28日 (日)

教育再生会議の第1次報告へのコメント。

修士論文提出後、
なんとなしに「燃え尽き感」にさいなまされている
Dr.まさっちです。

研究室への書き込みも筆(?)が進まず……。

とりあえず、
標記の件でコメントです。

Dr.まさっちは、
大学院を無事修了できれば、
中学社会科と高校の地歴・公民の専修免許が
取得できる見込みになっています。

また、修了と同時に、
中学・高校の国語科の免許が取得できる見込みに
なっています。

将来的には、「教員免許資格試験」を受験して、
小学校免許にチャレンジしてみようかな、と考えています。

ところが、学校教員になるかどうかの見込みだけは、
まだ立っていないのです(笑)。

むしろ、これまでのように、
学習塾で子どもたちを教える可能性の方が高い。

この場合、取得した教員免許を、
更新し続けていくことができるでしょうか?

むしろ「塾は禁止すべき」と発言していた
野依座長率いる教育再生会議の立場から言えば、
教員免許を持っている塾講師からは、
むしろ積極的に教員免許を取り上げていく方向に
なっていきそうです。

また、「教員養成大学」の教員たちは、
現場の教師も含め、教員の研修を担当する立場にありますが、
これらの先生が教員免許を持っていたとすれば、
これらの先生方の教員免許は??

教員免許を取り上げられた大学教員が、
現職教員相手に「教員免許更新講習」を
担当していたとしたら、笑い話ですね

« 2006年12月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31